お茶日本茶の種類宇治茶専門店 ふじや茶舗 www.fujiya-chaho.jp
香りの緑茶、京のお茶 高級宇治茶専門店ふじや茶舗 -Fujiya-Chaho-
香りの緑茶、京都のお茶(HOME) > 日本茶の種類
香りの緑茶、京のお茶 宇治茶オンラインショップ(お茶の通販) 会社案内 ご利用案内 更新履歴 お問い合せ
ご購入はこちらから

日本茶の種類

お茶は、加工方法(発酵の度合い)によって大きく分けると、日本茶・紅茶・中国茶の3種類に分けられます。そして、これらは元々は同じ「茶」(ツバキ科の木)からできています。しかし、「茶」にも品種があり、その成分の含有量や育つ環境などの違いから、それぞれの地域にふさわしい加工方法が編み出され、世界中でそれぞれの種類のお茶がつくられ、飲まれています。
 日本では、江戸時代に京都の宇治田原で宇治製法と呼ばれる製茶法が開発されました。そして、この製茶方法が全国に広まり、現在の煎茶の作り方へと発展しました。

煎茶煎茶
生産量が日本茶全体の約8割と一番多く、そして日本で一番多く飲まれているお茶です。産地も全国各地にあり、それぞれの風土を反映した味わいの煎茶が作られています。
  煎茶の製法は生葉を蒸す、揉む、乾燥という過程を経てつくられます。煎茶の茶葉は太陽の光を燦々と浴びて育つので、清々しいさわやかな香りに富み、渋みと甘みの調和がとれているのが特徴です。なかでも八十八夜に積む一番茶のものは味、香りともに最高といわれています。二番茶、三番茶となるにつれ質は下がり、煎茶には主に一番茶、二番茶が使われています。
 煎茶は鮮やかな緑色で、針のようにピンと細くよれたものが上質です。これは茶葉が丹念に揉まれている証拠で、茶の成分が抽出されやすく、良い味がでます。
 やや高めの温度のお湯で入れると、煎茶らしいシャキッとした香りと味わいになり、逆に低い温度のお湯で入れると、甘みが勝ったまろやかな味になります。入れ方によって、いろいろな味を楽しめるのが煎茶の魅力です。

煎茶の美味しい入れ方

深蒸し茶深蒸し茶
茶葉を通常の2〜3倍の時間をかけて蒸したもので、比較的最近の煎茶です。蒸す時間を長くとることで、渋みや苦みが抑えられ、甘みとコクのあるまろやかな味わいになります。また、蒸し時間が長いために茶葉の組織がもろくなっているので抽出時間が短時間で済みます。また、深蒸し茶は水でもでるので、お水でゆっくりといれる冷煎茶にも最適です。鮮やかな緑色の水色もきれいです。

 

茎茶雁ヶ音…玉露の茎茶
煎茶や玉露をつくる過程で出る茎や茶軸の部分を集めたお茶です。茶葉と比べると、若々しい香りとさわやかな味わいが楽しめます。茎や茶軸とはいえ、元の茶葉が良質であれば品質も良く、なかでも玉露の茎茶は独特の風味があり、「雁ヶ音」、「白折」と呼ばれ珍重されています。

 

玉露玉露
玉露の製法は基本的に煎茶と変わりませんが、茶葉の栽培方法が異なります。煎茶の茶葉が太陽の光をたっぷり浴びて育つのに対し、玉露の茶葉は直射日光をさえぎった環境で育てられます。覆下栽培と呼ばれる方法で、新芽が伸びる頃から茶摘みまでの間、茶樹によしずや寒冷紗などで覆いをします。
 こうすると、うまみ成分であるテアニンが葉に多く残り、独特の甘みとうまみに富んだ茶葉が生まれるのです。カフェインや葉緑素も豊富で、まったりとした味わい、緑色に光る水色は、日本茶の最高峰といえるでしょう。

玉露の美味しい入れ方

抹茶抹茶
抹茶には、玉露と同様に覆下栽培した茶葉が使われます。茶葉を蒸した後、揉まずに乾燥させ、葉脈や茎の部分を取り除きます。この状態のものを碾茶といい、碾茶を石臼で挽いて粉上にしたものが抹茶です。
 抹茶は、”入れる”といわず”点てる”といいますが、茶碗に直接お湯を注ぎ、茶筅で撹拌したものをそのままいただきます。つまり、茶葉そのものを一緒に飲むわけで、その点が煎茶などと大きく違うところです。茶葉に含まれるテアニンやビタミン、食物繊維などの栄養素がたくさん摂取できるので、体にも良いお茶です。
 抹茶というと「茶道」と堅苦しく考えがちですが、いつでも気軽にお抹茶を点てて、楽しんでいただければ幸いです。

抹茶の美味しい点て方

芽茶芽茶
煎茶や玉露をつくる過程で、丸くなった芽の部分を集めたお茶です。芽にはお茶の成分が凝縮されているので、濃厚な味わいです。
 何煎も飲めるのが特徴ですが、葉が開くのに時間がかかるので、一煎目は時間をかけて抽出します。二煎目以降は濃いめにでるので短時間で入れてください。

粉茶粉茶
茎茶や芽茶と同じように、煎茶や玉露の製造過程ででた粉の部分でつくられるものです。お寿司屋さんで出される「あがり」が粉茶です。
 粉状なので濃くでるため、熱湯で一気に入れてください。味も水色も濃厚です。

玄米茶玄米茶
玄米を炒ったものを、番茶や煎茶に加えたお茶です。玄米の芳ばしい香りが特徴であり、魅力です。玄米が餅米かうるち米かで多少味が異なりますが、一般に餅米の方が香りが高く、上級品といわれています。また、玄米が多いか少ないかで、お茶の味わいは微妙に変わってきます。
 玄米の香りをうまく引き出すには、熱湯で一気に入れましょう。

ほうじ茶(焙じ茶)ほうじ茶(焙じ茶)
番茶や煎茶を高温で炒り、独特の香味を出したお茶です。茶葉に含まれるカフェインやタンニンが少ないので味が優しく、お年寄りやお子さま、病人のかたにも安心して飲んで頂けるお茶です。
 夏の暑いときにはたくさんつくって、冷蔵庫に常備しておくのに最適です。
 ほうじ茶(焙じ茶)も香りを出すために熱湯で入れます。

ほうじ茶(焙じ茶)の美味しい入れ方

京番茶
番茶という名は付いていますが、京都でいう番茶でほうじ茶(焙じ茶)の仲間です。三番茶や四番茶を摘み、芽などがついたままの葉を蒸し、揉まずに天日乾燥し、炒ってつくります。
 さっぱりとした味わいは格別で、さすが京都でつくられるほうじ茶(焙じ茶)と納得できるおいしさです。
 揉んでいないので、ふつうに熱湯をさしただけでは成分が抽出できません。やかんで煮出してからいただきます。

全国のお茶の産地へ

 

香りの緑茶、京都のお茶 | 宇治茶・通販(通信販売) | 宇治茶・お取り寄せ | ご利用案内
会社案内 | 店舗案内 | 特定商取引法の表示 | プライバシーポリシー | お問い合せ

宇治茶のお買い物 お茶 緑茶 日本茶 | 抹茶 | 玉露 | 煎茶 | 贈り物
今月のおすすめ | 「楽しみ緑茶」頒布会 | 取扱商品一覧

かんたん商品検索 | GIFTお慶び事お悔やみ事) | お中元特集 | お歳暮特集
敬老の日のプレゼント特集 | 母の日のプレゼント特集 | 父の日のプレゼント特集
新年の大福茶 | 春の京煎茶「桜」 | 今年の新茶 | 缶入り高級宇治新茶
夏の水出し京煎茶
 | 秋の蔵出し新茶

お客さまの声 | 緑茶Q&A | 相互リンク | 相互リンク募集中 | サイトマップ |  更新履歴

ふじや茶舗へのアクセス | お得なクーポン | 京都清水寺周辺(清水道・五条坂)

茶房ふ、 | 特製ソフトクリーム

お茶プロショップふじや茶補(Yahoo店) | 高級宇治茶(抹茶・緑茶・玉露)の通販
お茶のいくじろう(ぐるなび食市場店)  | お茶のいくじろうの健康インスタント茶
日本茶・宇治茶おすすめトレンドガイド  | FACEBOOK(ふじや茶舗)

Genuine Uji green tea, Japanese green tea, Matcha, Sencha shipping.

Copyright(c) 2004- 京都清水寺参道ふじや茶舗 Fujiya-Chaho Co.,Ltd. All rights Reserved